前へ
次へ

成人式にはスーツでビシッと決めましょう。

大人として認められる儀式は成人式です。
その晴れ姿の成人式でみっともない格好では一生後悔します。
出来れば、スーツを新調したいところです。
20代ではわからないと思いますが、30、40歳になると、過去の写真というものは思い出深いものです。
もし、将来、結婚となった場合、相手方の過去の写真というものは見たいものです。
そのとき、ださださの格好をしていたら、お嫁さんになってくれる相手はどう思うでしょうか。
これは例え話ですが、こう言うこともありますよという助言です。
決して、スーツを新調して損はありません。
大学生ならば、卒業式にも着れますし、入社式にも着れます。
この際、いいものを買っては如何でしょうか。
一生に残るスーツ。
味わいのあるものになるでしょう。

成人式のスーツ選びのポイント。

成人式には、男性はスーツで出席するのが一般的です。
スーツ選びで大切なのは、サイズ感です。
特に袖の長さや丈の長さなど、大きすぎるとバランスが悪く見えます。
ぴったりと自分の体に合ったものを、選ぶ事が大切です。
また着こなしの面では、スーツのボタンは全部留めないようにします。
全部はずすことも避け、2つボタンではひとつだけ留めるようにすると、着こなしよく見えます。
そしてジャケットのポケットには、ものをたくさん入れないようにします。
パンパンに入れると、シルエットが悪くなります。
スーツの色は、黒や濃いグレー、紺が好印象です。
ワイシャツは白か薄い色とし、袖口から1.5cmほど見えるようにします。
パンツの裾は、シングルとするのが良いです。

Page Top